2015年タイ交流

参加者 SIIG関係 杉目団長以下16名(プレイヤー13、同伴者3)

日程表

日付 活動内容 日タイ友好囲碁大会は、2007年日タイ修交120周年を機に、タイ囲碁連盟会長KorsakChairasmisak氏と日本航空OB岡田氏が始めたもので、今年は9回になります。日本チームは6D~15Kに亘るの棋力の36名(SIIGメンバー14名を含む)が参加しました。
タイの囲碁レベルは6D2人、3D以上が30人ほど居る状況。
本戦は各3局対局し、結果は6338敗で日本チームの勝利でしたが、上位5、6段クラスの3人の成績はタイ7勝、日本2勝でタイの方が上位でした。
尚、関西棋院、村岡茂行9段、村岡美香4段のお二人のプロ棋士が同行し、指導に当たられました。
        
1月21日 TG683便 羽田発10:45 バンコク着15:45
1月22日 9:00−17:00 アユタヤ観光
20:15−23:30 ニューハーフ・ショウ
1月23日 9:00−17:00 水上マーケット&&涅槃仏寺院観光
19:30-21:30ディナー・クルーズ
1月24日 10:00−16:00 日タイ友好囲碁大会
TG120便で18:40 バンコク発 
チェンマイ着 20:00
 1月25日 終日 親善碁会
 1月26日 終日 親善碁会
 1月27日 象キャンプ、ドーイステープ寺院観光
 1月28日 TG103便でチェンマイ発10:10 バンコク着11:30
TG660便でバンコク発14:50  羽田着22:30


大会会場のセブンイレブン研修会館
『バンコク正大管理学院』 プール付きの広い庭、大ホール、レストラン、宿泊施設など4つ星ホテル並
24日開会式、タイの若者が目立つ 10時対戦開始、
青少年に苦戦するオジサン達
25日チェンマイ、華麗な装飾の囲碁クラブで
トリプル碁を楽しむ。手前左が村岡美香プロ、
一番奥左はオーナーのSutja(通称ケンさん)
同トリプル碁、奥左が村岡茂行プロ バンコクの北80Kmにあるアユタヤ王国
1350-1767年)の遺跡を見学
チェンマイ市郊外にある自然豊かなエレファントキャンプ、保護育成にも貢献している チェンマイ市郊外1080mの山頂に建つ
黄金寺院ワットプラタート・
ドーイステープを見学
   
inserted by FC2 system