キューバ現地囲碁指導の記録     
  2010年、当会の囲碁交流団がキューバを訪れた際にキューバ政府スポーツ庁 INDER から下記の提案がなされた。
当会は、この中のキューバへの囲碁指導者の派遣の実現に取り組み、当NPOの会員の中から西島昭理事(6段)を
適任者として選出し、国際交流基金にその意義を訴えて助成金を獲得しました。
  かくして2011年9月から2012年6月までの約10ヵ月間、西島昭理事が指導員として派遣され、各種事業を通して
キューバにおける囲碁の普及、現地プレーヤーの棋力向上に当たり多大な効果をあげました。これはその記録の一部です。
  本ページ下部のインデックス表の各項目をクリックしてご覧下さい。

    囲碁国際交流の会とINDERキューバ囲碁アカデミーとの間での任務と交流の計画プロジェクト2011   

  キューバと日本との間のスポーツと碁の文化交流を活発に継続していくために、そして両国民の結びつきと友好関係を強める
ために、過去の交流と第
5回の交流会の開催を機に私たちは新たな計画と双方の利益をより大きく活発にする一歩進んだ段階へ
進める方針を提案します。

 キューバ囲碁アカデミーの落成と運営は日本政府と国民の財政的な支援と交流によってもたらされました。そしてそれは
私たちに、キューバの囲碁の大衆化にむけてより進んだ新たな段階へ奮い立たせるもので、SIIGの参加を得ることは、
大いなる喜びと支えとなるものです。
私たちが継続して行動でき、関心のあるものとして私たちは次のことを提案します。 

  1. キューバに1年間日本人の囲碁指導者を派遣し、キューバ囲碁アカデミーに定期講座を組みこむ

  これを実行するために次のように提案します。
  INDERは:組織化と学生が参加することおよび要求される別の講座を保証する。
   SIIGは:国際交流基金やその他の支援機関に社会的友好交流プロジェクトへの支援を要請し指導者の渡航費や食費、
  その期間の宿泊費の資金を確保する。
   在キューバ日本大使館は:この案件に協力し、支援する。

  2. キューバにおける囲碁の教育と研究を深めるための教材の送付

  3. サンチャゴ・アルバレス留学生の経験に基づいた日本への囲碁留学生への奨学金の可能性

  4. 2011年により多くの参加者のもと第6回日本-キューバ友好交流の開催                                  

  By the INDER                                                        For the SIIG

  National institute of Sport,Education Physical          Sociedad de Intercambio Internacional de Go

  and Recreation 

                           City of Havana,Novenber 19,2010.







             






 
    
   





















                                      

                                          

                          キューバ現地囲碁指導 インデックス

 日程表   西島氏の毎日の行動が克明に記録されています
 入門講座   主として小学生や飛び込みの初心者対象の講座
 有段者講座   上級者対象の授業と実戦指導
 一般講座   特定の対象者、指導形態に縛られない講座(大人、子供を問わず)
 大学生講座   マヌエル・ファハルド体育大学(MF体育大学)での授業
 地方都市交流   加藤氏、古沢氏の応援を得て、サンクティスピリトゥスでの普及活動
 国際図書展   国際図書展での囲碁用具の展示とデモ
 各種大会   キューバ囲碁連盟主催のキューバ国内の囲碁大会
 送別式   現地プレーヤーに加えて、INDER、キューバ囲碁連盟、日本大使館、        それにJICAからも参加があって、盛大に行われた西島氏の送別式


copyright© 2012 囲碁国際交流の会 All Rights Reserved.
   
inserted by FC2 system