2009年ベネズエラ交流

 

日程表
 
  ベネズエラ中央大学にて当地の学生プレーヤーたちと
日付 活動内容
10月 20日  午前,成田発マイアミを経由して同日夜カラカス着,ホテル・コンチネンタル・アルタミラに宿泊
10月 21日  昼,、日本料理“アビラ亭”でベネズエラ囲碁協会会長ロリ・プエルタさん,日本大使館書記官,及び現地在住のマレジャーニ・みきさんと会食
午後,日本大使館を表敬訪問し大使と面談,別室にてベネズエラ囲碁協会の会員と対局
タイ囲碁協会より委託された碁石セットをベネズエラ囲碁協会へ贈呈    
10月 22日  午前,キンタ・アナウコ(アナウコ別荘)の植民地時代博物館を見学
 午後,フアン・パブロ・ボネ聾唖学校を訪問,囲碁の対局指導
夕刻日本食レストラン”ICHIBAN”にて食事と対局
10月 23日  午前,カラカス日本人学校を訪問し児童に囲碁のレッスンと対局指導を行う,児童は和太鼓の合奏で応える
午後,シモン・ボリバル大学中央図書館で学生プレーヤーと対局
アティジョの町を訪問 
 10月 24日  午前,サンタ・テレサ農場のラム酒工場を見学
午後,バレンシア市の日本文化週間の行事の一環としてカラボベーニョ新聞会館で市民に囲碁の紹介と対局指導
10月25日  午前,ベネズエラ中央大学で学生プレーヤーと対局
午後,ホテルのテラスでサヨナラパーティー,ロリ・プエルタ会長に当NPOから感謝状贈呈
夜,カナイマ・ツアーに向けプエルト・オルダスへ出発
 10月26日  午前,プエルト・オルダスを出発,カナイマへ向かう
午後,エンジェル瀑布の飛行機による観光とサポの滝観光,WACUロッジに宿泊       
 10月27日 エンジェル瀑布のトレッキングによる観光
不参加者は会員同士で連碁と休養     
10月28日 午前,カナイマ国立公園内を散策
午後,プエルト・オルダス経由カラカス,マリオットホテル泊
10月29日 朝カラカス発マイアミ経由でロス・アンジェルスへ
(2名延泊)
10月30日 ロス・アンジェルス発成田へ
10月31日 午後、成田着(延泊者は11/3,5着)



ホテル・コンチネンタル・アルタミラ 日本料理“アビラ亭”にて  日本大使館にて大使と面談 大使館の別室にて初お手合わせ
対局後の感想交換 タイの囲碁協会から預かった囲碁セットをロリ会長に手渡す 大使館にて参加者の皆さんと 手書きの看板で歓迎(フアン・パブロ・ボネ聾唖学校にて)
 
 聾唖学校の生徒たちに囲碁指導 日本食レストラン”ICHIBAN”にて  カラカス日本人学校の子供たちに
囲碁のルールを説明
子供たちに囲碁指導
 
シモン・ボリバル大学にて ベネズエラ最強のオマール氏と
進団長(白)の対局(2子局)
カラカス・アルタミラ地区の市街 サンタ・テレサ農場のラム酒工場を見学 
 
バレンシア市の日本文化週間で
市民に囲碁のルールを説明するロリ会長
市民に囲碁の紹介と指導 ベネズエラ中央大学で親善対局 ロリ会長に感謝状を贈る 
 
サヨナラパーティで乾杯 カナイマ国立公園 テーブル・マウンテン
 
サポの滝 ベネズエラの国樹のアラグァネイの花 マラカスの原材料”タマーロ” 落差世界一のエンジェル瀑布
inserted by FC2 system