第1回留学生


 ギターを楽しむチャーゴ
留学生紹介
サンティアーゴ・エンリケ・アルバレス・マルティン氏(来日時 21歳)
(愛称:”チャーゴ”)
体育文化専攻第3学年在学中
  囲碁歴2年で棋力は1級〜2級程度だったが,1年間の研修の中で,アマ五段相当まで上達し,2008年にはキューバチャンピオンになっている。
また滞在中,彼の人柄が愛され,地元で行われる伝統行事や芸術鑑賞に参加する機会も多く,人々との触れ合いを通し,囲碁だけではなく日本の伝統文化全般への理解も深め,今後の日本・キューバ友好のキーパーソンの一人として育っていくであろうことを確信している。


研修期間

2006年11月〜2007年11月

研修場所及び研修内容

 学園の田圃で田植え
 茨城県石岡市において有機農業塾(スワラジ学園)を営む当会メンバーの合田寅彦氏宅を拠点に,囲碁学習だけでなく農業実習も行いながら,近隣の囲碁愛好者や棋士の鄒 海石七段をはじめとするプロ棋士の指導,各地の当会メンバーを訪ねる修学旅行などで腕を磨いた。(研修の概要

 近所の吉野学長(アマ初段)と縁側で対局
 
鄒 海石七段に指導を受ける  










その他
 キューバから来た囲碁留学生ということで朝日新聞など多くの新聞,雑誌に紹介されました。

 2008年11月のキューバ交流で囲碁留学の概要をキューバの皆さんに発表しました。


          
inserted by FC2 system