資料刊行

  会報「一碁一会」の発行

年度ごとの会の活動の記録として、会報「一碁一会」を発行しています。会員からの寄稿を中心に現地囲碁団体や大使館関係者らのメッセージも取り入れ、プロデザイナーの協力を得て編集されています。

第1号
「日本・キューバ国交樹立75
周年囲碁親善交流報告集」
第2号
 「キューバ・メキシコ囲碁
親善交流報告集」
第3号   
「NPO法人囲碁国際交流の会」
設立記念号 「キューバ交流特集」
第4号  
「メキシコ・チリ囲碁交流特集」
第5号  
「キューバ囲碁文化交流特集」
         
 第6号
「コスタリカ・ベネズエラ囲碁交流特集」
 第7号
 「メキシコ・キューバ・コスタリカ・グアテマラ・中国交流特集」
第8号
 「エクアドル・ペルー・アルゼンチン・チリ囲碁交流特集」
 
第9号
 「ブラジル・アメリカ・中国・キューバ交流特集」
  
第10号
 「スペイン交流特集」
  
 第11号
 「SIIG10周年記念号 キューバ・タイ交流特集」


『基本は格言にあり』のスペイン語訳  

当会は、2014年に設立十周年記念事業の一環として、ラテンアメリカ諸国での囲碁交流に役立てるべく、棋書のスペイン語訳資料を作成しました。
 *題名: Los proverbios expresan los conocimientos ba'sicos para jugar mejor al Go.
       
原著日本語版では「基本は格言にあり」 
 *著者:マイケル・レドモンド〈日本棋院棋士 九段)
 *スペイン語版訳者:阪本好伸(当会会員)」

           表紙        序文        目次


『烏鷺々々雑記帳』   当会設立メンバーで第四代会長の合田寅彦氏の著書

   


碁界への熱き想い 

(「週刊碁」2014113日号の囲碁ライター秋山賢司氏の
書評)

新刊案内 『烏鷺々々雑記帳』

 人生の大先輩であり畏友の合田寅彦さんがすてきな碁の本『烏鷺々々雑記帳』(ゆう出版)を上梓された。
 合田さんは碁界の住民ではないけれど、碁への熱い思いは誰にも負けない。出版社勤務時代は、碁界空前の大事業といわれた、「現代囲碁大系」(全47巻別巻1、講談社)を手がけ、現在は茨城県石岡市で農業を志す若者のため就農支援組織を運営するかたわら、NPO法人囲碁国際交流の会代表として地球の裏側まで飛
ぶうえ、キューバやチリからの囲碁留学生を受け入れてしまう。
 そんな合田さんが渾身の力を振り絞った一冊だけに、面白くないはずがない。岩本薫、呉清源らの巨匠と知り合い、直接話をされたのはうらやましい限りだ。「八郷で出会った金玉均」や「最後の井上因碩(十七世、津田義考)に会う」の章は囲碁史の貴重な資料と思う。棋譜が一つもない棋書だが、碁界周辺の話が好きな読者にはこたえられないに違いない。
 
囲碁雑誌、郷土誌、そして「週刊碁」などに掲載されたものに新たに書き加えた章のある自費出版。お申し込みは「ゆう出版」(送料含めて千六百円)〒3150151茨城県石岡市須釜838、FAX0299-42-2240まで。日本棋院や関西棋院の売店でも購入可能。(秋山賢司)

 

   

 スペイン語版囲碁入門書『囲碁の世界へようこそ はじめの一歩』の発行

   BIENVENIDOS  al  MUNDO  del  GO  LOS  PRIMEROS PASOS

 このテキストは、まだ囲碁を知らない人に興味を持ってもらい、初めて囲碁を習う人が容易に習得できるように、2008年キューバ訪問の時に発刊し配布したものです。

 スペイン語版表紙   スペイン語版内容  日本語版の表紙 日本語版の内容


プレゼンテーション用資料  “El Juego de Go-Historia y Actualidad” (表示に数秒かかります)

  ラテンアメリカの囲碁プレーヤーに、囲碁の歴史と社会的背景について、より深い理解を持ってもらうべく作成した資料(スペイン語)です。
  2010年メキシコ、2010年グアテマラ、2011年アルゼンチンで本資料を使用してプレゼンテーションを行い、好評でした。

          
inserted by FC2 system